トップページ 卓球場について モットー 卓球場案内 サークル案内 イベント 創設のお手伝い お問い合わせ
 
 
 

病気でも良いお医者さんに巡り合えば難しい手術も成功し病を治すことが出来ますが、悪いお医者さんだと治療方法が間違っていたり、簡単な手術でも失敗し取り返しが付かなくなります。卓球も同様で、良い指導者に巡り合えば、上達も早く強くなります。
その為には、全身を使った身体の使い方をマスターした上で、基本技術・応用技術・戦術を身につけることが一番大事です。
悪い癖を治す方法は知っていますか?治すのはお客様です!
姿勢を最重要視して、重心移動、体重移動を実感してもらいながら理に適ったレッスンをさせて頂きます。

 
上手く強くなりたいのに上手く強くなれない人   負ける原因
 

1.姿勢が悪い人(自分の卓球をしているのを見た事がありますか?又どこが悪いか、何が悪いか解りますか。
 どうしたら治せるか解りますか?原因が解っても治療方法が解りますか?)
2.呼吸の仕方と腹筋の使い方を理解していない人。
3.上半身と下半身の使い方が悪い人。身体のバランスが悪い人。
4.フリーハンド(ラケットと反対の腕)の使い方が間違っている人。
5.連続して強い球を打てない人。
6.重心移動と体重移動の違いを理解していない人。
7.フォアとバックの切り換えがスムーズに出来ない人。
 (相手の打球とのタイミングが合っていない人。)
8.両手足の各5本の指を意識して使っていない人。
 (手首だけで球を打っている人。)
9.手首だけで打球して、5本の指を使って球を打つ事をしていない人。
10.上手くレシーブが出来ない人。
  (相手のサービスに対して5種類以上の返球が出来ますか?)
11.両足及び片足で蹴って跳んで打球を出来ない人。(空中で打球出来ない人。)
12.クッション(吸収)とバネ(跳躍・飛びつき)が上手く併用出来ない人。
13.フォロースル―(ラケットの振り終わり)及びバックスイングで指を使って
 ラケットを止めていない人。(下半身を踏ん張っていない人及び
 ブレーキをかけていない人。)
14.腹筋・膝・肘がゆるんでいる人。(踏ん張れない人。)
15.足の親指及び土踏まずを使っていない人。
16.いつも踵(カカト)及びおしりに体重を乗せている人。(つま先に力を入れていない人。)
17.ラケットは手首で打球するのではなく、5本の指の握力を使いながら、
 手首を利用してピン球をコントロールしつつ打球するものです。

 

1.単独の技術及び戦術、作戦をマスターしても試合で相手に使えなければ意味がありません!
(一言で云えば連続連携プレーが出来ないから試合に負けるのです。自分が強く打った球がいつも帰って来ると思い 込んで、常にニュートラルに戻って次の球を打ち返すという気持ちで練習に取り組んでいますか?)
2.相手のサーブの回転又は相手が返球した回転が解りますか?
3.それに対して返球方法は何種類ぐらいありますか?
4.また相手のコート全面のどこにでも返球できますか?
5.常にネットの上1p〜3pぐらい上を意識して返球していますか?
6.練習及び試合で相手コートのエンドライン、両サイドライン、
 ミドルラインを意識して返球するよう心掛けていますか?
7.ラリー中に相手の動きが見えますか?また相手の動きを見ながら
 返球出来ますか?
8.打球前及び打球後に身体とラケットの動きを同時に止めることが
 出来ますか?
9.常に相手に100%の力で打ち返せないように意識して返球していますか?

 
 

以上の項目をいつも意識して練習すれば必ず強くなれます!!

 
 
卓球教室
卓球部・同好会・創設のお手伝い
アクセス
 
卓球教室に関するお問い合わせ
 
まんちゃんのつぶやき
 

〒619-0216
京都府木津川市州見台8丁目5-14
TEL/FAX.0774-71-0390

 
 

トップページ   卓球場について  モットー  卓球教室案内  サークル案内  イベント  卓球部・同好会創設のお手伝い  アクセス  お問い合わせ

COPYRIGHT2011, まんちゃんの卓球場  All Rights Reserved.